デジタルものづくり

3D プリンター、レーザーカッター、デジタルミシン…など、最新のデジタル工作機械を使って、自由にものづくりができる市民工房「ファブラボ」を運営しています。

 

ファブラボを利用することで、これまで大企業しかできなかったものづくりが、零細企業や個人でも可能になります。「ものづくりの民主化」と呼ばれる時代を実感してください。

 

オープンラボ~機材を自由に利用できます

ファブラボを利用したり、ネットで注文できる製造サービスを使ったりすることで、これまで大企業しかできなかったものづくりが、零細企業や個人でも可能となりつつあります。

ファブラボ山口では、1機材あたり2時間の講習を受講して頂くだけで、オープンラボ(ラボ開放日)に無料でお使い頂けます。

最新のものづくり事情に触れ、自分たちに必要なものを自らの手でつくることができる時代の到来を実感してください。

未来のものづくり体験~出張ラボ

より多くの方々にデジタルものづくりの可能性に触れて頂ける機会として「未来のものづくり体験~出張ラボ」を提供しています。

ミニマムな出張ラボは、60分間でデジタルものづくりの現状説明、現場での事例紹介、機材デモ(3Dプリンターとレーザーカッター)をなどをご提供致します。内容はご要望に合わせて変更できます。

また、機材の出張講習会、作成したものを持ち帰ることができるワークショップ、なにを作るか考えるところから始めるアイデアソン、全ての機材を持ち込む期間限定ファブラボなども実績があります。

ファブラボのつくりかた、ご相談ください

これまで「ファブラボを立ち上げたい」「ファブラボのような施設を作るにはどうしたらよいか?」というご質問を多数頂きました。

山口市中心商店街で3年間ファブラボを運営してきた経験を通して、わたしたちがラボの設立・運営を全力でサポートします。

ファブラボを設立するために必要な場所や機材の選定から、ラボが地域と繋がっていくためにどんなプロジェクトや人材が必要か…など、設立・運営に関する悩みは沢山あると思います。お気軽にご相談ください。 

オリジナル治具製作をサポートします

世界最大の自動車メーカーVolkswagen(フォルクスワーゲン)は、それまで型から作成していた治工具などを、安価なデスクトップタイプ3Dプリンターで出力した治工具に置き換え、リードタイムを平均して60日から6日に短縮、生産ラインの効率化と開発コストの大幅な削減を実現しました。

御社でお使いの治工具をお預け頂ければ、3Dプリンターで出力した際の費用を査定致します。出力に掛かる費用(数万円程度)をご負担頂ければ試作も可能です。社内に3Dデータを作成できる技術者がいらっしゃらない場合は、データ作成から出力まで代行致します。お気軽にご相談ください。 

ファブラボに関するお問い合わせはこちら

見学からファブラボ設立のご相談まで、お気軽にご連絡ください。

7 + 14 =